スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
ほたるの星


【オススメ度(★は5つが最高)】
★★★★★

【見所】
山口県で新任教師として採用された三輪元。

担任する学級には、最愛の母親の死で心を閉ざす星比加里がいた。

ある日、学級でほたるを飛ばそうということになった。

それはとても難しいだと周囲からは反発を受けるが、児童たちの環境を学ぶきっかけになっていること、それをふまえ積極的に環境を守ろうとする姿を見た元は自らの進退をも懸けて取り組むことを宣言してしまった。

中でもほたるの飼育に熱心になっていたのは比加里だった。

彼女はほたるに関わるある言い伝えを信じていた、「ほたるが飛ぶとき、逢いたい人に逢うことができる」という。
スポンサーサイト
2010/12/20(Mon) | [邦画]は行 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
 トップページへ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。